読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【集中講義@駒場】ヒライ「ルネサンスの星辰医学」

科学史 研究会

前の記事と同じく、東大駒場集中講義より四日中三日目、学生発表「占星術」の項での私の発表のレジュメを掲載します。

→講義概要:講師ヒライさんより…http://www.geocities.jp/bhermes001/komaba.html

→講義概要:東大科学哲学研究室…http://hps.c.u-tokyo.ac.jp/graduate-school/curriculum/2014/post_35/index.php

論文はこちらからダウンロードできます。

学習院学術成果リポジトリhttp://glim-re.glim.gakushuin.ac.jp/handle/10959/3375

随所で紹介されています。

→坂本さん「オシテオサレテ」より:http://d.hatena.ne.jp/nikubeta/20140309/p1

→科哲・藤本さん:http://d.hatena.ne.jp/fujimoto_daishi/20131223/1387829749

集中講義を通して、インテクチュアルヒストリーの内容を扱いながらも、

報告者は研究の方法論に着目してコメントを出すような試みでした。

======================================

検討論文:ヒライ「ルネサンスの星辰医学」『学習院女子大学紀要』、第16巻(2014年)、25-41頁

報告者:フェリス女学院大学国際交流学部二年 須田千晶



1.はじめに

ルネサンス期以前における医学の理論と実践には、占星術が影響していた。

 ⇒具体的には(1)受胎と出生(2)健康や病気における諸相の分かれ目(3)投薬のタイミングに対して。

ルネサンス期に、2つの要因によって医学と占星術の結びつきに変化がおこる。

 (1)ピコ・デラ・ミランドラの『占星術論駁』による占星術への批判。

    ⇒占いとしての面を排除し、運動・光・熱などの物理的要素のみを認める。

     ⇒16世紀前半に活躍した医学者、ジョヴァンニ・マイナルディやジローラモ・フラカストロへ影響を与える。

 (2)マルシオフィチーノによって、新プラトン主義的な世界観の中に錬金術占星術、自然魔術のアイデアを挿入。

     ⇒宇宙を巨大な生き物であり、それは世界霊魂によって支配されている。身体である宇宙と世界霊魂は、世界精気によってむすびつけられている。これらを適切に操作できる術師であれば、小さな宇宙たる人間の身体も適切に扱える。

 ⇒ピコ・デラ・ミランドラは霊魂を取り除き、マルシオフィチーノは霊魂をよい重視している。

2.レオニチェノの自然主義

・ピコの占星術批判と密接に結びついた論を展開。

・これまで形成力に対するガレノスの考えとされていたものに対して反論。

 ⇒中世人たちの、アリストテレスの『動物発生論』にみられる形成力の起源を天界におく見解は間違いであり、正しくは熱のことであると指摘。

  ⇒この熱は星辰的ではなく、それに似ているだけ。

 ⇒中世人の、地に対して天界の動きが影響するという考えを否定し、自然主義的に解釈する。

3.フェルネルの星辰医学

・ガレノスの医学思想を自然主義的に解釈するのは間違いであるとした。

プラトン主義を援用してガレノスの考えをキリスト教信仰に調和しようと試みる。

 ⇒フェルネルの著作『事物の隠れた原因について』にて、星辰的なものを探求。

  ⇒前半:アリストテレスに帰されていた著作『世界について』を重要視しながら、フィチーノ流のプラトン主義的理論を借用することで、世界精気についてのプラトンアリストテレス間の意見、さらに古代ギリシア人とキリスト教徒間の意見の一致をしめそうとする。

  ⇒後半:プラトン主義とキリスト教の調和をガレノスの中におくことで、独自のガレノス主義の構築を試みる。

      ⇒プラトン主義におけるすべての事物の創造主たる宇宙的知性と、キリスト教における事物の唯一の創造神を本質的な意味で同一視できるとした。

・ガレノスの霊魂の本性についての見解を再構築。

 ⇒ガレノスのいう精気よりも高位にある霊魂の実体を、非物体的なものであるとした。

・霊魂の星辰的な起源と不滅性を確立。

 ⇒ガレノスの師であるヒポクラテスの著書『肉について』の中の「霊魂は天界からくる」という一節に、霊魂の星辰的な起源をみる。

 ⇒同書の中の「私の考えでは、われわれが熱とよぶものは不滅であり、現在と未来にあるすべてを感知し、見聞きし、知っている」という一節をもとにフェルネル自身の自説である霊魂の不滅性を構築しようとする。さらにキリスト教的教義と一致することで、霊魂の不滅性について保証されるものとした。

・独自のガレノス解釈を元に、生物のなかの精気が神的で星辰的性格をおびていることを、死にさいして生物が失うものを精気の熱とすることで証明しようとする。

・フェルネルのいう「神的なもの」とは、アリストテレスのいうところの「星辰の元素に 呼応する」ありとあらゆるものであるとした。

 ⇒この元素とは、アリストテレスのいうところの第五元素「アイテール」である。

  ⇒不滅であり永遠。生物に精気と霊魂の諸能力を与え、形相を規定するもの。

4.ミゾ―における天と地の調和

・師フェルネルの医学における天と地の調和の考えを発展させる。

・ミゾ―は著作『アスクレピオスとウラニアの対話における医学と天文学の結合』によって自身の精神医学の理論的基礎を確立しようとする。

 ・ガレノスの『身体の部位の有用性について』という著作中の一節より、人体と星辰との類似性をもっていることをみる。

  ⇒人体のつくりを学ぶことは天界との調和を発見することにつながるとする。

 ・医学者・哲学者たちの共通の見解として、アイテールが天界と人間の親和性を理解する鍵であることをしめす。

 ・太陽を世界霊魂の可視的な似像とし、太陽と人間の身体の心臓とが結びついているとする。

  ⇒特筆すべきは、コペルニクス以前の流布前であるにもかかわらず、ここに太陽

中心主義があること。ただしこれはルネサンスプラトン主義的なものである。

5.カルダーノと宇宙的な熱

・医学における予後と占星は基盤を共有していることを指摘。

 ⇒これらの先駆者としてヒポクラテスをあげる。

ヒポクラテスの事物の起源と不滅性、三元素、宇宙的な熱の解釈をとおして、事物に生命を与える知性のある宇宙的熱が、世界霊魂やその似像にあたるという発想を展開。

 ⇒この理論は16世紀後半の星辰医学のテーマとなる。

 

6.ゲマと星辰医学の頂点

・ゲマ:ミゾーの友人で数学者であり地理学者であるゲマ・フリシウスの息子。

 ⇒フィチーノプラトン主義い大きく影響されている。

ヒポクラテスの重要性をとらえ、独自の解釈を展開していく。

 ⇒アリストテレスの種子にやどる熱の理論と、ヒポクラテスの知性のある宇宙的熱の考えを結び付ける。

・ゲマのは著書の中で、フェルネルの言う「神的なもの」は、ゲマにとって身体や精神の治療だけでなく、人間や社会の健全さを確立するために重要なものでありとの考えを示す。

・同書の中で、精気が宇宙と人間のどちらにも共通して重要なものであるとの考えを示す。

古代ギリシア人とキリスト教徒の調和を確立するため、ヒポクラテスを中心としてアレクサンドリアフィロンやモーゼをそこに並置し、さらにヘルメスプラトン主義者を結び付けることで、神的なものを探求する一学派を形成しする。

 ⇒ヒポクラテスが火と水とよんだものが、モーゼが『創世記』で天と地とよんだものと呼応することから。

  ⇒よって、ヒポクラテスの『養生について』は、モーゼの『創世記』、ヘルメスの『ピマンデル』、プラトンの『ティマイオス』と肩を並べる中心的で特権的な地位を得る。

   ⇒つまりはここに、ゲマがルネサンスの星辰医学を頂点にもっていったことが見える。

7.パラケルスス主義と普遍医薬の探求

・これまでで築かれた星辰医学の理論的基礎を元に、病理学や治療術、薬学への応用がなされる。

パラケルススは自然界すべての事物が生きているという考えのもと、極端ともいえるキリスト教者としての哲学を発展させていく。

・著作『パラグラーヌム』:後に新しい医学のマニフェストとなる。

 ⇒天文学を、医学をささえる4つの支柱のひとつとカウントする。

  ⇒天文学のなかで天と地との間の関係性を説き、天にある星辰的な精髄が地上界にもあるとし、これは蒸留術などによって驚くべき薬効をもつとした。

   ⇒パラケルスス支持者たちによって、すべての病気に有効な普遍医薬の理論へ発展

パラケルスス派キミストのデュシェーヌは普遍医薬についての議論を展開。

 ⇒星辰的な精髄が天を構成していて、それは地のすべての自然物に浸透している。

 ⇒真の医学哲学者はキミアの技によって事物の物質的な外殻を取り除き、健康と生命の保持のためにかかせない普遍医薬をつくりだせると主張。

・普遍医薬の存在を確立したデュシェーヌは、普遍医薬の起源の説明をするため、聖書の『創世記』における天地創造の物語の解釈に努める。

 ⇒プラトンアリストテレスといった古代人とヘルメス主義者(キミスト)の間の、意見の一致をしめすことを試みる。

・デュシェーヌの足跡を追ったキミストたちの中では、『創世記』のキミア的解釈と普遍医薬の探求が重要な位置を占めている。

 ⇒ここに、ルネサンス期の星辰医学が脈々と発展していったことがみえる。

●コメント

現代ではほぼ失われた霊魂や精気について、星辰医学の側面から追っていると言える。そもそも霊魂という概念が医学にないという、現代に通じるもののあるピコ・デラ・ミランドラの理論をしめしつつ、天と地との間に関連性を見出し、霊魂や精気を重要視するフェルネルやミゾ―、カルダーノ、ゲマ、そしてパラケルススパラケルスス主義者デュシェーヌの考えを追っている。差異はありながらも、天と地とを密接に関連付けていることにおいて共通している彼らの理論をみていくことで、霊魂や精気をという星辰において核となる概念を概観しつつ、ルネサンス期における医学にたいする占星術の影響を見ていっている。星辰における霊魂や精気をキーワードに、様々な捉え方を集めてその思考の過程を見ているところに、インテクチュアル・ヒストリーの手法が見いだせると言える。